怪人ブログ

【新企画】YouTubeで新たに始めた「個人Vtuber動画」ついて徹底解説!!

どーもどーもこんにちは天木ですよっと。

 

私はブログ活動の他にYouTubeでも活動しているですが、実はつい最近まで活動休止しており動画投稿をお休みしていました。


そして先日1年半ぶりYouTubeでの活動を再開しました。

 

実は活動休止中に今まで投稿していた動画とは別の動画の準備を密かに進めていたので、今回の記事ではその新企画について書いていきたいと思います。

ちなみに活動休止中にやっていた主な活動については下記の記事に記載しておりますので、気が向いた方はこちらもご覧ください。

ama-ama20180203.hatenablog.com

動画投稿だけでなくブログ活動も休止してたのね・・・

 

新企画「個人Vtuber動画」とは?

新企画の内容

私は活動休止以前から下記の記事などでピトというオリジナル怪人キャラクターを使ったYouTube動画の新企画を検討しておりました。

ama-ama20180203.hatenablog.com

新怪人ピト

f:id:Ama_Ama20180203:20180911205924j:plain
活動休止以前の段階では「動画+絵」の動画を検討していただけで、
具体的な動画の新企画の内容については全く決まっておりませんでしたが、活動休止中にいろいろと試行錯誤した結果最近流行りのVtuberの動画がいいのではないだろうかと考え、Vtuberの動画を作成をすることになりました。

怪人系Vtuberピトが誕生

Vtuberの動画を作るという方向性は決まったのですが、実際に動画作るまでには膨大な時間がかかりました・・・

 

何せ私は当時Vtuberの知識が全くなく、右も左もわからない状態からのスタートだったからです。

準備だけで1か月以上はかかったかな・・・

しかしながら、YouTube動画やブログなどで個人でのVtuber作りについて詳しく解説されている方などが意外にもたくさんおり、無事に私のYouTubeでの新企画であるVtuber動画を作ることができました。

完成動画

f:id:Ama_Ama20180203:20210530025829j:plain

追記:2021年5月30日

その後、方針が変わりVtuberの動画は削除することにしました。

 

ちなみに私が個人でVtuberの動画を作るためにやったことについては下記に記事からご覧ください。

ama-ama20180203.hatenablog.com

6記事にも及ぶ長編記事シリーズになりますが、個人でVtuberを始めるための大体の流れはわかると思います。

YouTube動画の新企画の目的について

私はYouTube動画の新企画としてVtuberの動画を作ることにしましたが、YouTube動画でのこれまでの主な活動は漫画動画の作成でした。

 

下記の「おどる怪人たち」という作品になります。

オリジナル漫画動画「おどる怪人たち」


www.youtube.com

私のYouTubeでの活動のメインは現在でもあくまで「おどる怪人たち」だと考えており、新企画動画を作った目的としては「おどる怪人たち」の宣伝のためであり、より多くの方に作品を知っていただくためでございます。
ただ、宣伝とはいっても今回の新企画に登場する新怪人ピトもいずれは
「おどる怪人たち」に登場させる予定ですので、将来的には「おどる怪人たち」がピトの動画の宣伝になり、お互いの動画が宣伝し合うような関係になると思います。

YouTubeチャンネルの活動頻度

現在、「おどる怪人たち」は「天樹林檎」というチャンネルにて投稿しております。
しかしながら、新企画動画の「ピトさんTV」は別のチャンネルになります。

チャンネルを2つに分けた理由といたしましては、マンガ動画とVtuberで明らかにチャンネルでの活動内容が異なるからです。

メインチャンネル「天樹林檎」の活動頻度

メインチャンネルにて投稿中の「おどる怪人たち」は完全オリジナルコンテンツとなっており、現時点では頻繁に動画投稿しても全く再生回数が稼げません。
そのため、活動頻度としては1か月に1回程度を予定しております。

「おどる怪人たち」はあんまり人気が無いんだよね~

新企画チャンネル「ピトさんTV」での活動頻度

しばらくは、メインチャンネルに比べて再生回数が見込めそうな新企画のVtuberの方の活動頻度を1週間に1回ぐらいにすることにし、動画の最後で少し「おどる怪人たち」の宣伝をする方向性にしました。

 

最後に

今回はこの辺で終わりです。
 
Vtuberを始めるにあたってやったことについての記事は既に最後まで書いておりますので、気になった方はこの記事の中盤に貼ってあるリンクからご覧ください。
 

ここまで見てくださった方はありがとうございます。


それではまた次の記事でお会いしましょう