怪人ブログ

個人でVtuberをやりたい!まずはLive2Dを駆使して、モデル制作から始めよう!【個人Vtuber制作計画1】

どーもどーもこんにちは天樹ですよっと。

 

私は先日「ピトさんTV」というYouTubeチャンネルでVtuber活動を始めました。
今回の記事では私が個人でVtuberを始めるまでにやったことについて語っていきたいと思います。
 
※この記事だけでは長くなりそうですので、
今回は記事をいくつかに分けて書いていきますね。
 

【個人Vtuber制作計画】第1回はLive2D編です。

Vtuberのモデル(キャラクター)を決める

個人でVtuberをするにあたって当然必要となってくるものといえば、まずモデル(動かすキャラクター)ですよね。


私の場合、モデルは既に下記の「ピト」という名前のキャラクターに決まっていたのでこのキャラクターを作成することになりました。

f:id:Ama_Ama20180203:20180911205924j:plain

怪人系Vtuberピト

・Live2Dを使ったモデル作成

ソフトのダウンロード

Vtuberのモデルを作成するためには基本的にLive2Dというソフトを使うのですが、
このソフトなんと無料なんですよ!
私は最初なんとなくVtuberを作るのはお金がたくさんかかりそうだと思っていたので、これはありがたかったですね(^o^)

 

Live2Dは下記のサイトからダウンロードできます↓↓

www.live2d.com


Live2DにはLive2D Cubism 3(最新版)Live2D Cubism 2(旧バージョン)があったのですが、私は個人的に最新版の方がちょっと使いづらかったので旧バージョンの方で作りました。

特別なこだわりが無ければ基本的には最新版でいいと思います。

Vtuberモデルの立ち絵

私がLive2Dを使ってVtuberモデル作成をしたのは1年前ぐらいの話になりますので、
うろ覚えにはなりますが、まず初めにCLIP STUDIOなどのペイント系ソフトで自分で絵を描いて「立ち絵」というキャラの正面のイラストを描く必要がありました。

私はAdobe社のillustratorというソフトで立ち絵を描きましたが、
illustratorは値段が高いので、あまりおすすめはしません。

また、どうしてもイラストが自分で描けないという方はVtuberのキャラクターやモデリング制作が依頼できる企業などもあるようですので、そちらの方もご検討ください。


こちらがピトの立ち絵になります↓↓

f:id:Ama_Ama20180203:20200504005619p:plain

ピト(立ち絵)

足が無い手抜き絵ですが、動画では足まで映す予定は無いので問題はありません。

おい、コラ!!足も描け!

Live2Dでの作業

立ち絵が完成したら次は実際にLive2Dに読み込みます。

Live2Dでの作業内容としては、キャラクターの表情を作ったりモデルを動かしたときの動作を作る作業になります。

Live2Dの使い方について

現在、Live2Dの詳しい使い方についてブログや動画で多くの方々が解説しており、モデル制作の知識がゼロだった私でもそれほど苦労することなくモデルを作り上げることができました。

これには非常に助けられました。

これからLive2Dで実際に作業をされる方はYouTubeでの解説動画をお勧めいたします。

私は最初ブログでLive2Dの使い方について解説されている記事を見たのですが、

文章だけだと細かい作業内容など少々わかりにくい部分がたまにありました。

そのため、動画での解説動画の方がわかりやすいと思います。

Live2Dでの作業時間

Live2Dでのモデル作成についてはブログや動画などで詳しく解説されている方が
比較的たくさんいたため、それほど苦戦する場面はなかったのですが、
それでもモデルを作成するまでには1週間ぐらいはかかったような気がします。(まぁ、別の用事もあったので1週間ずっとやっていたわけではないですが・・・)

Live2Dで登録可能な表情

Live2Dでのモデル作成は初めてだったので、少々時間がかかりましたが、なんとかモデルを最後まで作り上げることはできました。

ちなみにLive2DでVtuberモデルの表情を8つまで登録することができます。(真顔は除く)

そのため、今回制作したピトのモデルには一応登録可能な表情8つをすべて登録しておきました。

下記が表情の解説動画となります↓↓


【Vtuber】ピトの9種の表情(感情)解説動画【バ美肉】

 

Live2D編はこれで終わりです。

Live2DVtuberモデル作成をする前は物凄く難しそうなイメージがあり

キャラクターのモデル制作なんて素人がいきなりできるのか?」と不安だったのですが、実際に自分の手でやってみると案外すんなりモデルを作れたので意外でした。

最後に

次回の記事ではFaceRigを使ったモデルの動作確認などについて書こうかなと思います。
また、今回の記事で「ピト」に興味を持てくれた方がございましたら、
ぜひ自己紹介動画からご覧いただければと存じます。


【自己紹介】怪人系Vtuberのピトです!初投稿です!【バ美肉】

ここまで見てくださった方はありがとうございます。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

ama-ama20180203.hatenablog.com