怪人ブログ

個人Vtuberに必要なのはモデルだけではない!機材やソフトの準備も忘れずに!【個人Vtuber制作計画4】

どーもどーも こんにちは 天木ですよっと。
 
さて、今回の記事ですが前回に引き続き「個人Vtuber制作計画」について語っていこうかなと思います。

このシリーズ今回で4回目になります。

ちなみに下記の記事がこのシリーズの1回目の記事になりますので、もしよろしければこちらからご覧いただければと存じます。

ama-ama20180203.hatenablog.com

 

【個人Vtuber制作計画】第4回目は機材・ソフト編です。

今回の記事では個人でVtuberとして活動していくために、必要になった機材やソフトについて書いていきます。

マイク

個人でVtuberをするためには、当然声も自分で当てる必要性があります。
そのために必ず要るものがマイクです。
 
私は最初マイクに関する知識が無かったので、Amazonで2000円ぐらいの適当なマイク(ヘッドセット)を購入しました。

f:id:Ama_Ama20180203:20200512222206j:plain

安いマイク(ヘッドセット)

この選択が大きな失敗だったんですよ・・・

 

このマイクは流石に声(地声)を録音することぐらいはできるんですが、応用が利かないというか私の使いたい使い方ができなかったんですよ。

 
問題点は下記の2点になります↓
1.装着時にボイスチェンジャーの遅延により混乱する
多くのボイスチェンジャーは使用すると地声で話した後、音声変換後の声が0.5秒程遅れて作られます。

私は当時、恋声というボイスチェンジャーを使用していたのですが、やはり、話した後に少し遅れて変換後の声が作られました。
 
ここで思い出してください。
 
このマイクはマイクというよりもヘッドセットなんですよ。
つまり、ヘッドセットを装着した状態でマイクに話すことになりますよね。
例えば、「りんご」とマイクに向かって言えば少し遅れて音声変換後「りんご」がヘッドホンから聞こえます。
「りんご」の場合、一言ですので話している最中に混乱することはありませんが、これが少し長文になると口で話しながら耳からは少し前に話したことが山彦のように返ってくるので何が何だかわからなくなってしまいます・・・
2.ノイズがひどい
地声を録音することはなんとかできたのですが、録音後に音声を聞いてみると「ザザー」といったノイズが入りました。
特にボイスチェンジャーを使用後の音声と相性が悪かったのか、音声変換後の音声はまるで使い物になりませんでした。
 
これらの問題があったことで、このマイク(ヘッドセット)には戦力外通告を宣告することとなりました。(2000円もったいねぇ・・・)
 
そして、こちらが新たに加わったドラフト1位ルーキーになります↓↓

f:id:Ama_Ama20180203:20200512231709j:plain

ドラフト1位ルーキー

かっこいいですね・・・
確かyeti(イエティ)って名前のマイクだったと思います。
 
このマイクはヘッドセットではなくマイク機能に特化しており、さらにスポンジもつけているため、地声の状態であればノイズをほとんどカットすることができます。
ただ、少しサイズが大きすぎて置く場所に困るのと、値段がかなり高かったのが欠点ですかね・・・

カメラ台

次にカメラ台になります↓↓

f:id:Ama_Ama20180203:20200512233153j:plain

カメラ台
私は現時点ではカメラは購入しておらず、撮影はiPhoneにて行っております。
このカメラ台はiPhoneを挟んで撮影できるようなものになります。
ただ、Vtuberだと基本的にゲーム動画などが中心になるかと思いますので、実はまだ一度も使用しておらず今後出番があるかどうかもまだわかりません。

ちょっと買うのが早すぎたんじゃない?

動画編集ソフト

Vtuberとして動画を作成するには当然動画編集ソフトも必要になりますよね。
動画編集ソフトに関しては前回の記事でも少し触れたのですが、私はキャプチャーボードの付属品でついてきた「PowerDirector」という動画編集ソフトを使っております。
 
私が使っているのはPowerDirector 15という旧バージョンのソフトなっており、さらに付属品のため一部の機能が制限されているのですが、そこまで高度な編集はしないので、機能面では特に不自由しておりません。
それどころか性能の高さに驚いております。
以前使っていたVideoPadという動画編集ソフトでは基本的な処理すら危うく、数えきれないほど発狂しておりましたが、PowerDirectorに切り替えてからは2回ぐらいしか発狂しておりません。

●性能面について

PowerDirectorはadobe社のPremiere Proなどに比べれば、性能は落ちるとは思います。
しかしながら、adobe社のソフトは基本的に値段が高いんですよ。
つまり、総合的に見ればPowerDirectorは一番良い動画編集ソフトかもしれません。
これからVtuberやYouTuberを始める方はこれをおすすめしますよ(^o^)♪

 
機材・ソフト編はこれで終わりです。
今回の記事もなかなかのボリュームになりましたね。

最後に

次回はボイスチェンジャーについて書こうかなと思います。
 

ここまで見てくださった方はありがとうございます。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう。

ama-ama20180203.hatenablog.com