怪人ブログ

【FaceRigで8つの表情】Vtuberピトの表情(感情)の紹介動画について解説

どーもどーもこんにちは天木ですよっと。

 

さて、今回の記事ですが少し前にYouTubeに投稿したある動画の解説記事になります。

 

本記事の紹介動画

今回の動画はこちらです↓↓

f:id:Ama_Ama20180203:20210530045859j:plain

追記:2021年5月30日

この動画は現在削除しております。

 

私は現在YouTubeで下記のピトというキャラクターを使ってVtuberの動画を投稿しているのですが、この動画はピトがVtuber動画時に使用している表情についての動画になります。

f:id:Ama_Ama20180203:20180911205924j:plain

怪人系Vtuberピト

 

動画の内容について

ピトのVtuberモデルはLive2Dというソフトで作ったのですが、このソフトではモデル本体だけでなくモデルの表情も作ることができます。

 

Live2Dでモデルを作成後、作成したモデルをFaceRigというモデルを動かすソフトに登録することでVtuberとしてモデルを扱うことができるのですが、その際にLive2Dで作ったモデルの表情を8つまでFaceRigで反映させることが可能となっております。

 

今回紹介する動画はピトに登録した8つの表情の紹介動画になります。

表情の作り方の解説動画ではなく「Live2Dではこんな表情も作れますよ」っていう紹介動画ね

 

Vtuberに登録した8つ表情について

FaceRigでvtuberモデルの表情を変える際にはパソコンのキーボードを使うのですが、その際に使うキーが下記の8つになります。

1.Zキー
2.Xキー
3.Cキー
4.Vキー
5.shiftキー+Zキー
6.shiftキー+Xキー
7.shiftキー+Cキー
8.shiftキー+Vキー

 

上記のキーを押す事で表情が変えられます。

 

表情一覧

それではピトに登録した表情について真顔も含めて1つずつ紹介していきます。

 

表情1.「真顔」

f:id:Ama_Ama20180203:20200708220910p:plain

こちらが表情を変えていない「通常時のピトの表情」になります。

基本的にはこの表情で動画を撮り、たまに変化を出すために登録した表情を使います。

 

表情2.「笑顔」

f:id:Ama_Ama20180203:20200708220931p:plain

こちらが「笑顔」になります。

笑顔は基本的に動画の最初の挨拶時に使います。第一印象で笑顔が重要というのは現実でも同じですね。

 

パソコンキーだと【Zキー】に登録しております。

「Shiftキー」+「他のキー」の場合、全く同じタイミングで2つのキーを押さなければ表情の変更がうまくいかないことがあるので「笑顔」のようなよく使う表情はShift無しで登録しております。

 

表情3.「病み顔」

f:id:Ama_Ama20180203:20200708220949p:plain

こちらが「病み顔」になります。

ピトは設定上多重人格のキャラクターになっているため、この表情は意外とよく使います。

 

キーボードだと【Xキー】に登録しております。

 

表情4.「怒り」

f:id:Ama_Ama20180203:20200708221002p:plain

こちらが「怒りの表情」になります。

普通の動画ではそこまで激怒するようなシーンは無いのですが、ゲーム動画では比較的激怒するシーンがあるので、この表情はゲーム動画メインで使っております。

 

キーボードだと【Cキー】に登録しております。

 

表情5.「焦り顔」

f:id:Ama_Ama20180203:20200708221021p:plain

こちらが「焦り顔」になります。

この表情もよく使いますね。焦り顔を見せる事で動画に緊張感を出すことができます。

 

キーボードだと【Vキー】に登録しております。 

 

表情6.「照れ」

f:id:Ama_Ama20180203:20200708221100p:plain

こちらが「照れの表情」になります。

この表情はそこまで使うことはないのですが、汎用性が高いので可能性は感じます。照れの汎用性については後ほど詳しく書きますね。

 

キーボードだと【Shiftキー+Zキー】に登録しております。

ここから先の表情はShiftキーと組み合わせて使う表情になるので使う機会が少ない表情になります。

 

表情7.「唖然」

f:id:Ama_Ama20180203:20200708221116p:plain

こちらが「唖然とした表情」になります。

「焦り顔」と若干使う機会が被るのでその分使う機会が少なめになっております。

 

キーボードだと【Shiftキー +Xキー】に登録しております。

 

表情8.「クレイジー

f:id:Ama_Ama20180203:20200708221153p:plain

こちらが「クレイジー顔」になります。

正直これは1番使う機会が無いと思います。今後使う機会があるとすればゲーム動画になるのでしょうか・・・

 

キーボードだと【Shiftキー +Cキー】に登録しております。

 

表情9.「キラキラ」

f:id:Ama_Ama20180203:20200708221208p:plain

こちらが「キラキラした表情」になります。

この表情は「笑顔」と若干使う機会が被るので使用頻度が低くなっております。使う機会は商品紹介の動画が多めになると思います。

 

キーボードだと【Shiftキー +Vキー】に登録しております。

 

照れの汎用性について

先ほども少し触れましたが「照れの表情」は汎用性が高く、他の表情と組み合わせて新たな表情を作り出すことができます。

 

照れ +笑顔

f:id:Ama_Ama20180203:20200710192030p:plain

こちらが「照れ」と「笑顔」を組み合わせた表情になります。2つ組み合わせることで少し可愛らしさが増しますね。

 

照れ +キラキラ

f:id:Ama_Ama20180203:20200710192048p:plain

こちらが「照れ」と「キラキラ顔」を組み合わせた表情になります。こちらは使い所が限られそうですね。

 

表情が失敗するケース

vtuberは表情がたくさんあるとその分個性が増すと思いますが、表情変更の際に失敗するリスクもあります。

失敗した場合

f:id:Ama_Ama20180203:20200710192101p:plain

 

ちょっ・・・何なのこの変な顔!?

これはFaceRigを起動しキーボードで表情を反映させた後、次に別の表情に変更させる時に起こります。

 

表情を反映させた後、次の表情に切り替える場合、1度真顔の状態に戻さなければ先ほどの照れのケースのように2つの表情が被ってしまい上の画像みたいになってしまいます。

 

動画のサムネイル画像について

f:id:Ama_Ama20180203:20200708203407j:plain

上の画像が今回の動画のサムネイル画像になるのですが、作るまでに結構手間がかかりました。

CLIP STUDIOで表情にあった背景と効果音を選び、ピトと合成する作業を9パターン分で作成し、それを最後に合成して作成しました。

しかしながら、苦労してサムネイル画像を作った割にはあまり動画が再生されていないのが残念なところです・・・

 

最後に

今回はこの辺で終わりです。

 

ここまで見てくださった方はありがとうございます。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう。