怪人ブログ

【YouTubeの新企画】あるあるネタ動画をイラストで作成する【ターゲットは広く浅く】

どーも どーも こんにちは 天木ですよっと。

 

私は今から1か月ほど前にYouTubeにて動画投稿を開始しました。

 

今回の記事ではYouTubeで新たに始める新企画「あるあるネタ動画」について書いていこうと思います。

 

現在のYouTubeの状況

まず、私のYouTubeチャンネルの現在の状況を簡単に説明いたします。

 

YouTubeで活動をしているとはいっても動画を投稿し始めてまだ1か月ほどしかたっていないので、再生回数については1~2桁が続いている非常に厳しい状況です・・・

他のYouTube活動をされている方も初期の段階ではチャンネルパワーが弱いので、最初から再生されまくることはあまりないかと思いますが、私の場合は長く活動を続けていてもずっとこの状況が続く可能性があります。

 

理由としては投稿動画に需要が少ないからです。

 

私が現在YouTubeに投稿しているのはこのようなオリジナル漫画動画になります↓


www.youtube.com

 

この作品は「おどる怪人たち」という怪人をテーマにした漫画になるのですが、やはり素人の完全オリジナルコンテンツだと気合を入れて4本投稿してもこのような結果になってしまいます・・・

f:id:Ama_Ama20180203:20210621190609p:plain

 

詳しい詳細は先日投稿した下記記事にも書きましたが、現時点では希望の光が全く見えない状況だということです。

ama-ama20180203.hatenablog.com

 

新企画「あるあるネタ動画」について

前置きが少し長くなりましたが、ここからがこの記事の本題です。

 

私のチャンネルはオリジナル漫画動画をメインに投稿するチャンネルですが、それだけでは将来性が薄いと思い、別の動画も投稿してみることにしました。

別の動画と言ってもメインのオリジナル漫画と全くかけ離れたジャンルの動画では視聴者が何のチャンネルなのかわからなくなると思いますので、ある程度関連性があるジャンルが条件です。

 

それが「あるあるネタ動画」だったわけですよ。

 

あるあるネタ動画」とは?

簡単に言えば、先ほど紹介したオリジナル漫画に登場するキャラクターのイラストを使い、1個の動画内で8~9個のあるあるネタを連発する動画になります。

 

こちらの画像は金魚すくいあるあるの動画の一部になります↓↓

f:id:Ama_Ama20180203:20210703012236p:plain

 

このように金魚すくいでありがちなことを次から次へと言っていくわけです。

 

あるあるネタ動画」のメリット

あるあるネタ動画」を作成するメリットですが、3つほどあります。

 

メリット1.「製作時間がかからない」

 まずは製作時間がかからないことですね。

あるあるネタ動画」は1~2分程度のショート動画になっており、製作時間に関しても先ほど紹介した「おどる怪人たち」という漫画動画の5分1程度の労力で1つの動画を作成することができます。

YouTubeは投稿頻度や投稿動画数も重要な指標だと考えておりますので、「製作時間がかからない動画」というのはとても大きなメリットだと思います。

あるあるネタ動画」が製作時間がかからないというより漫画動画が製作時間かかりすぎなんだよね。

 

メリット2.「オリジナル漫画に比べて視聴者がとっつきやすい」

先ほど紹介した「おどる怪人たち」というオリジナル漫画は基本的に1話か2話で1つのお話が完結するギャグマンガとなりますので、ストーリー漫画のオリジナル漫画よりは視聴者がとっつきやすいとは思います。

しかしながら、オリジナル漫画という時点で視聴者からしたらかなりとっつきにくい動画なのではないかと考えております。

かなりマニアックなジャンルだから普通の人はなかなか見てくれないよね・・・

 

あるあるネタ動画」は違います。

あるあるネタというのは誰でも初見で楽しめるジャンルですので、視聴者からしたらとっつきやすいのではないでしょうか。

 

メリット3.「オリジナル漫画の登場キャラクターを使うため宣伝になる。」

私が作成しようとしている「あるあるネタ動画」はオリジナル漫画に登場するキャラクターのイラストを使うので、オリジナル漫画の宣伝にもなると思います。

 

あるあるネタ動画」のデメリット

悪く言えば量産型の手抜き動画ですので、オリジナル漫画に比べて動画としてのクオリティーが低いというのがデメリットになりますね。

しかしながら、あくまでも漫画動画に比べると手抜きというだけでそれなりのクオリティーは保っていると思います。

 

あるあるネタ動画」の登場キャラクター

あるあるネタ動画」には「おどる怪人たち」のキャラを登場させる予定ですが、主にドリルネコというキャラをメインで登場させる予定です。

こちらがそのドリルネコになります↓

f:id:Ama_Ama20180203:20210703191100p:plain

 

ドリルネコはまだ「おどる怪人たち」には登場しておりませんが、近々本編でも登場させる予定です。

こいつが選ばれた理由は作画が簡単だからです。

ただ顔にドリルが付いただけの猫ですからね。

 

その他のキャラもたまに登場

あるあるネタ動画」ではドリルネコをメインで登場させる予定ではありますが、この画像のようにたまに他のキャラが登場することがあります。

f:id:Ama_Ama20180203:20210703192316p:plain

 

ターゲットは広く浅く

あるあるネタ動画」のターゲットは広く浅くで考えております。

一部の熱狂的な視聴者に的を絞る感じではなく、様々な人々に軽く見てもらうという感じを目指しております。

チャンネルの入り口を広げるには良いのではないでしょうか。

ちなみに先ほど紹介したオリジナル漫画のターゲットは狭く深くで考えておりますので、全く真逆ですね。

 

あるあるネタ動画」第1号

あるあるネタ動画ですが、実はすでに第1号の動画が完成しております。

 

第1号は「金魚すくいあるある」になります↓


www.youtube.com

 

今年は夏祭りとかが無いかもしれませんが、動画だけでも夏祭りの雰囲気を楽しんでいただければと思います。

 

最後に

今回はこの辺で終わりです。

 

あるあるネタ動画」はまだ実験的な感じで投稿しておりますので、今後も投稿し続けるかどうかはわかりませんが、しばらくの間は投稿してみようかなと思います。

 

ここまで見てくださった方はありがとうございます。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう。