怪人ブログ

YouTubeでショート動画を投稿したので結果を報告します。

どーも どーも こんにちは 天木ですよっと。

 

私は最近YouTubeでショート動画を投稿しました。

 

今回の記事はショート動画について書いていこうと思います。

 

YouTubeショート動画について

最近、YouTubeでこのようなマークがついた動画を見かけることが増えたのではないでしょうか。

f:id:Ama_Ama20180203:20210805114547p:plain

このマークがついた動画はYouTubeショートという最近YouTubeで始まった短めの動画サービスです。

通常の動画の場合、基本的に横型で動画時間は無制限ですが、YouTubeショートの動画は最大60秒までの縦型の動画になります。

TikTok(ティックトック)みたいだね~

 

YouTubeショートの特徴

調べてみたところYouTubeショートは最近始まったばかりで参入者が少ないため、普通の動画よりも少し再生回数が伸びやすいらしいです。

ただ、これはあくまでも普段の動画で再生回数が稼げていない(1~2桁)投稿者に限った話だと思われます。

例えば、始めたばかりの投稿者だと基本的におすすめ動画や関連動画の表示されることがなく、再生回数が伸び悩むと思います。

しかしながら、YouTubeショートでは比較的簡単にショートフィード(おすすめ動画)に表示されやすいので、初心者でもある程度再生数を伸ばすことができます。

逆に既に数多くのチャンネル登録者をかかえており、普通の動画で数十万再生されるような投稿者にとってはそこまで大きな恩恵を感じることはできないのではないかと思います。

また、現時点(2021年7月)ではYouTubeショートはベータ版であり、広告もつけることもできないようですので、人気ユーチューバーがショート動画を投稿するメリットはほとんどないような気がします。

まぁ、将来的に広告がつくようになるかもしれませんが・・・

 

今回投稿したショート動画とその結果について

前置きが少し長くなりましたが、ここからが本題です。

 

今回、私が投稿したショート動画ですがこちらになります↓↓


www.youtube.com

 

動画ジャンルとしては「漫画動画」ですね。

漫画動画といってもショート動画だと最大でも1分しか時間が取れないため、4コマ漫画のようなものになります。

 

ショート動画の再生回数について

この動画ですが、現時点で323回再生されています。

少ないと思うかもしれませんが、私の動画の中では一番の再生回数を誇っております。

実は私、普段の動画では再生回数が1~2桁ぐらいの駆け出しのユーチューバーなんですよ。

そんな駆け出しのユーチューバーでもショート動画だとすぐに3桁の再生回数が稼げたので、驚かされました。

再生回数の伸び方としては投稿した日にはほぼ再生されず、次の日ぐらいからグングン伸び始めました。

そして、投稿して5日後ぐらいに再生回数がピタリと止まりました。

YouTubeのアナリティクスを見ると95%がショートフィード(おすすめ動画)からの再生となっているので、5日後におすすめ期間が終わったものだと思われます。

 

ジャンルによっては伸びないこともある

実は上記の動画以外にもう1本ショート動画を投稿しております。

その動画がこちらになります↓↓


www.youtube.com

 

この動画の再生回数は19回・・・

同じショート動画でもこの動画は全く伸びておりません。

おそらく動画ジャンルが悪いのではないかと思います。

この動画はイラストメイキング動画になるのですが、このジャンルのショート動画は比較的多く、TikTok(ティックトック)からの転載などでも数多く投稿されているため、もう既に飽和状態なのではないかと思います。

 

今後のショート動画投稿について

今回ショート動画を投稿してみて、私のような駆け出しのユーチューバーでも再生回数が稼ぎやすいということがわかったので、今後も少しずつショート動画を投稿していくつもりです。

普通の動画が全く再生されない投稿者はまず「チャンネルの存在を知ってもらう」という意味でショート動画は有効なのではないかと思います。

チャンネルの宣伝としては使えそうね。

 

今後のショート動画のジャンル

動画ジャンルは「漫画動画」にするつもりです。

再生回数が稼げたという理由もありますが、実は私が普段投稿している普通の動画も漫画動画ですので、その方がショート動画から来た視聴者が普通の動画に流れやすいのではないかと思ったからです。

イラストメイキング動画の方はもういいかな・・・

 

最後に

今回はこの辺で終わりです。

 

ここまで見てくださった方はありがとうございます。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう。